Top >  為替レートに慣れよう

為替レートに慣れよう

為替レートに馴染みがある方は少ないと思います。

日常では海外旅行に行く時ぐらいでしょうか。
通貨には国と国との経済状況を加味した相対価値が存在するので
それが為替レートとして、よく銀行やニュースなどで見かけます。

1ドル=○○○.△△円

これは為替レートの一例ですが、
アメリカの通貨米ドルの為替レートは必ず1ドルの価値を
日本円で表現するようになっていると思います。

まず、これに慣れる様にしましょう。

よく円高ドル安・円安ドル高と耳にしても、円高ドル高なんて言いませんよね。
円が高くなってドルが安くなった・円が安くなってドルが高くなった
と言うよりも相対的に一方の価値が下がれば一方の価値が上がるだけです。

ここで円高・円安について簡単に・・・
よくレートが1ドル=120円から1ドル=110円になって
単純に「円の数字が低くなっているから円安?」って思われる方がいますが、
この場合はドルを安い金額の円で買えるという事。

少ない円で多くのドルが買える=円の価値が上がった=円高

円高とは対外国通貨に対して価値が上がる事を言います。
逆に外国通貨に対して価値が低くなれば円安と言う事になります。

この感覚に慣れるのが最初の一歩です。

FXで米ドル/円の通貨ペアを「売る」という事は
米ドルを売って、日本円を買うという事になる訳です。

FX取引を始めよう!

関連エントリー

・人気のFX取引
・FXの特徴は?
・基本を知ろう
・為替レートに慣れよう
・FX取引市場について