Top >  FX取引市場について

FX取引市場について

よくニュースなどでも「外国為替市場」とか言います。
この「外国為替市場」は実際には存在しません。

概念的に「外国為替市場」とは呼んでいますが、
実際には銀行間の為替取引や私たち個人の取引、
銀行と法人や銀行と為替業者との取引、
それら1対1の取引を総称して「外国為替市場」としています。

FXの仕組み的な事なので、
知っておく必要もありませんが、
私たちは市場を通して取引していますが、
実際には特定の銀行か業者を相手に取引しているので、
基本的には1対1の取引になる訳です。

市場に注文を出して、
どこかの業者が受けている訳ではありません。

それがどういう事かと言うと、
FX業者が提示する為替レートは独自のもので、
ニュースで見るレートとは若干違う場合も多いという事。

ニュースで見る為替レートは、「インターバンクレート」
つまりは銀行間の取引レートなので、
個別のFX業者と取引している私たちのレートとは
違う事も良くあるという事です。

FX取引を始めよう!

関連エントリー

・人気のFX取引
・FXの特徴は?
・基本を知ろう
・為替レートに慣れよう
・FX取引市場について